TOEIC 全般

TOEIC730点は英検の準一級? その根拠を調べてみた!

投稿日:2014/06/27 更新日:

2014y06m27d_181741534

 

 

TOEIC730点は英検の準一級に相当する??

 

 

 

よく、TOEIC730ポイントは、英検の準一級に相当する、、、

という話し、聞いたことありますよね!

その根拠は、どこから来ているのでしょうか?

であれば、、、
900点を超える人は、英検1級に相当するのでしょうか??


TOEICスコアと英検の級数は、どうやってマッチング?

TOEICのポイントと英検の級をマッチングさせる根拠、、、

それは、どうやらアンケート結果から導きだしているようなんです。

あるTOEIC公開テスト(個人で受験するやつです)で、
受験者に、「自己記入方式によりアンケート」を実施し集計したようですね。

それによると、、、

英検1級取得者のTOEIC平均スコア : 816ポイント 
*アンケート者数:157人

英検準1級取得者のTOEIC平均スコア : 732ポイント
*アンケート者数:1,449人

英検2級取得者のTOEIC平均スコア : 517ポイント
*アンケート者数:4,390人

英検準2級取得者のTOEIC平均スコア : 392ポイント
*アンケート者数:1,226人

英検3級取得者のTOEIC平均スコア : 392ポイント
*アンケート者数:221人

という結果だったようです。

ここから、TOEIC730ポイントは、
英検の準1級に相当するという根拠にしたと思われるんですね!

ちょっとビックリしたのは、
英検3級の人でもTOEICを受験している事です。

英検3級という事は、恐らく中学生辺りでしょうか?
この程度からTOEICを受験し始めると、試験慣れも含めて
将来楽しみですね。

この結果を見ると、TOEICスコア500点前後が、
日本人の平均TOEICポイントになるんでしょうか?
母数も多いですからね。

明確なマッチング根拠はない

いずれにしても、TOEIC○○点は英検XX級という
明確な根拠はないようです。

あくまで、アンケート結果から想定される
マッチングのようですから、参考程度でしかないのでしょう!

実際問題として、
英検準一級にはスピーキングテストもあるわけですから

難易度としては、
英検準一級の方が高いのは間違いないと思います。

 

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。 (^^ゞ


TOEIC ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

2014y06m21d_071858352 管理人も、まだまだ発展途上、、、皆さん、頑張りましょう!

 

-TOEIC 全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

no image

TOEIC900点取得で社員に100万円の報奨金、いいね! でも、、、

  ソフトバンク、 TOEIC900点以上で100万円!!     昨年1月にリリースされている新聞記事ですから 既にご存知の方が多いと思いますが、 ソフトバンクがTOE …

no image

通訳案内士試験がTOEICスコアで免除対象

  国家試験の通訳案内士 こちらの試験にもTOEICが!     国家資格の通訳案内士の試験、 こちらにもTOEICスコアが利用されているんですね! TOEICスコア84 …

no image

大学がTOEICスコアに準じて学生に奨励金!!

  大学が学生にお小遣い? TOEICで奨学金が貰える!     大学がTOEICに力を入れているのは知っていましたが、 TOEICスコアに応じて奨励金まで出しているんで …

no image

TOEICスコア、高得点に報奨金制度!

  TOEICスコア、 900点以上で20万円も、、、   大手住宅メーカーの大和ハウス、 TOEICの報奨金制度が凄いです! TOEIC600点、700点以上で、3万、5万円、 …

no image

求められる英語力の指標は、やはりTOEICスコア!

改めて思う! 英語力の指標は やはりTOEICなんですね!!   今回は、企業法務ナビというサイト記事からです。 この記事では、 2020年の東京オリンピックに向けて英語学習ブームが再来して …