管理人がTOEIC735点取得した勉強法(第二回:語彙の増強も必要)

2014y06m21d_120001609

 

さてさて、管理人がTOEICで735点取得した勉強法とは?(第二回)です。

アルクのTOEIC730点コースを中心にトレーニングを始めたわけですが、正に勉強というより、トレーニングという方が当てはまるような内容です。

ポイントアップのコツを意識しながら、解答を出すノウハウっていう感じですね!

 

TOEICスコアを上げる事を意識したカリキュラムですので、
「なるほどね~!」っていうテクニックが結構あったりします。

とにかく、この勉強(トレーニング)は、教材が送られてきた最初の
数週間で一巡させる事を目標として、帰宅してから2~3時間を
費やしていたと思います。

単語力アップも併行して

また、このアルク教材とは別に、単語力アップを目的として、通勤時間帯
には別の勉強をしていました。

それは、、、


DUO3.0を使った単語力増強です。

DUOは有名ですから、ご存知ですよね?

もしご存知なかったら、、、
こちらかで確認してみて下さい>>DUO 3.0

*Amazonに掲載されているコメントも併せて確認すると、
 どのような特徴を持った教材か分かります。

DUO3.0と一緒に復習用CD or 基礎用CDを併せて購入した方が
良いと思います。

詳細は、、、こちらで>DUO 3.0 / CD復習用 / DUO 3.0 / CD基礎用

私は、通勤に片道90分ほど掛かりましたので、朝は録音した復習用
音源を聞きながら、帰りはDUO3.0のテキストを読んで、、、という事
を継続しました。

DUO3.0は価格も高くないし、英語学習をする上で持っておいて損は
ない教材だと思います。

このように、家ではアルクのTOEIC730点コースを、
通勤時間帯は、DUO3.0での学習を継続していったわけです。

TOEIC受験1ヵ月前から

そして、TOEIC受験の1ヵ月前ほどになった頃、、、


TOEIC問題集を中心のトレーニングに切り替えました。

アルクの教材で得た解答テクニックを意識しながら、TOEIC問題集を沢山
こなしていくという方法です。

ここで大事なのは、TOEIC問題集を解答する際、本番と同じ時間でトライ
するという事です。

リスニング問題は音声に沿ってやれば問題ありませんが、リーディング
の方も、キチンと時間を測ってやるという事です。


当たり前の事なのですが、絶えず、TOEICの本番を意識し、

緊張感を持って問題集を解答していくという事が大事です。

答え合わせして、間違った部分は、「間違えた!」で終わらせないで、必ず
間違った理由を明確にしておく事も重要だと思います。 特に、リーディング
の穴埋め問題などは、問題集をやればやるほど正解率が高まりますので、
ポイントアップには欠かせないと思います。

ところで、、、
このTOEIC問題集ですが、全て購入していると結構高くつきます。


ですので、TOEIC本番同様のイメージでトライする場合は、問題集や模試問題
を購入して実施すべきですが、 ネット上には多くの無料問題があったりしますの
で、これらを利用するのも手だと思います。

こららのTOEIC無料問題の情報については、「TOEIC問題 無料で使えるサービス
で紹介してありますので参考にしてみて下さい。

更に第三回に続く、、、m(__)m

2014y06m21d_072258360