TOEICの出題形式が10年振りの改定!何が変わる?

2014y12m12d_092600504

TOEICの出題形式が10年ぶりに改定されるという事で、いろいろ情報を集めている方も多いのではないか?と思います。 TOEIC用のテクニックではスコアを上げる事が難しくなると言われています。 それはそれで、英語力判定テストとしては本来の姿になるわけですから、良い事だとは思います。

参考:TOEICテスト 出題形式の変更点

でも、いままでの出題形式を前提にTOEIC対策してきた方は、是非、改定前にTOEICテストを受験された方が良いと思います。 第210回公開テスト(2016年5月29日実施)から新方式での実施となりますので、残りはあと3回です。(ただし、第207回は申込終了していますから、実質はあと2回ですかね!)

アルクでは、TOEICの出題形式変更直前という事で、「目標スコアに達しなかった場合は、受講料を全額返金キャンペーン」を実施しています。アルクで時々実施されるキャンペーンですが、既存形式にチャレンジする方でしたら利用しても良いかもしれません。
詳細はこちら⇒ 「TOEIC(R)テスト対策」ならアルク

逆に、これからTOEICに向けて勉強しよう!って思っている方でしたら、 改定後のTOEICにチャレンジするべきだと思います。

改定後のTOEICは難度が上がり、テクニックが通用しないと言われていますが、実際はどうなんでしょうか??

「TOEICの出題形式が10年振りの改定!何が変わる?」の続きを読む…

定年退職後の再就職資格として、TOEICもありかも!

2014y09m14d_080908396

2016年、最初の記事投稿です。 今年はどれくらい記事投稿できるか?自信はないのですが、最低でも月に3記事程度はアップしていきたいと思っています。

さて、私も大台(50才)をとうに超え、今まで自分とは関係ないと思っていた「定年退職」という単語が身近なものに感じられるようになりました。

定年後に悠々自適な生活が待っている方もいるでしょうが、やはり所得確保という観点から定年退職後も仕事を継続させたいと思っている人の方が多数派ではないでしょうか?

私も元気である限り仕事は続けていく予定ですが、定年後の再就職時に何か資格を持っている方が有利である事は間違いなく、その1つとして英語力もあり!だと思っています。 そんな考えを裏付ける記事が、、、こちら>>定年後、役に立つ資格ベスト7

勿論、英語力だけで再就職ができるなんて甘くはないでしょうが、それでも英語力があって困る事もないわけで、定年を迎える前にTOEICハイスコアをゲットしておくのもあり!だと思います。

「定年退職後の再就職資格として、TOEICもありかも!」の続きを読む…

アルクで、TOEICスコア保証(全額返金!)キャンペーン再開

2014y12m15d_232818439

さて、アルク信者(笑)の私からお知らせです!! 時々実施するキャンペーンですが、またもTOEICスコア保証(全額返金)を期間限定でアルクが実施中です。

これは、来年5月実施の第210回TOEIC公開テストから、一部の出題形式が変更になる事に対しての企画のようです。 要は、これまでの出題形式でTOEICにトライできるのは、あと3回しか残っていないという事で、それに合わせたキャンペーンなんですね! 因みに、この形式変更は10年ぶりだそうです。

なんか、この機会に乗じて商品を売り込んでいるのは見え見えな気もしますが、それでも利用して損はないキャンペーンだと思います。 因みにキャンペーン申し込み期限は、来年の1月31日までとなっています。

詳細は、こちら>>「TOEIC(R)テスト対策」ならアルク

 

大企業への就職、転職にTOEICスコアは必要か?

キャプチャ

大手企業、ここでは日本の大手企業に就職や転職する際、TOEICスコアは必要か?っていうのを今回の話題にしたいと思います!!

「大手優良企業に就職する際、TOEICスコアが必要なの、そんなの当たり前だろ!」なんていう声が聞こえてきそうですね、、^^; まあ、当たり前ではあるのですが、そのTOEICに見合った英語力を活かせる環境に配属されるか、、、って言ったら、それは別の話しという事です。

私は今、正にそんな体験をしています、、、。^^;

「大企業への就職、転職にTOEICスコアは必要か?」の続きを読む…

習得したい資格ランキング、TOEICテストが1位とか、、、

2014y07m17d_212323756

早いもので、もう10月ですねえ!! ちょっと間が空いてしまいましたが、10月最初の記事投稿です。

ちょっと古い記事ですが、「今後習得したい資格・検定ランキング」の1位にTOEICテスト(860点以上)がランキングされていました。(2013年1月の記事ですが、まあ、今であったとしても大きな変わりはないと思います)
その記事はこちら>>今後習得したい資格・検定ランキング

2位もTOEIC(730点~860点)、さらに7位にもTOEIC(470点~730点)が入っていて、如何にTOEICが英語資格として人気が高いという事が分かります。 まあ、7位のTOEICスコアでは資格としては余り評価されないと思いますが、、、。

このブログを開始したころ、TOEICは資格ではない!という認識でいましたが、今ではTOEICスコアは立派な資格として位置づけられているわけですね、、、。

「習得したい資格ランキング、TOEICテストが1位とか、、、」の続きを読む…