TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

TOEICテスト、リーディングセクションでの時間配分は

2014y07m15d_141217400

 

 リーディングセクション
Part7への時間配分がカギ!!

 

 

昨日は、リスニングセクションの時間配分についてでしたが、
今回は、リーディングセクションについてです。

内容について、、、
「そんなの当然でしょ!」っていう方もいるかもしれませんが、
そういう方は、途中で無視して下さいね、、、。(;・∀・)

リーディングセクションは、
Part7へどれだけ時間を配分できるか?かポイントです!!

(「そんなの当たり前だろ!!」という声が聞こえる、、、Σ( ̄ロ ̄lll)

 

Part7に、どれだけ多くの時間を配分できるか!

Part5の短文穴埋め問題が40問、
Part6の長文穴埋め問題が12問、
そしてPart7の読問題が48問あり、

これを75分で解答しなければいけません。

単純計算で、45秒で1問解答となります。!!(●ω●;)

でも、一番解答が大変なPart7に
極力時間を配分する事がポイントとなります。

何故なら、Part7の最後の10問~20問は、
相対的点数が高い可能性がありますから、
ここの正解率が高いとハイスコアを得やすくなります、、、多分!
関連記事:TOEICの点数配分って、どうなっているの?

リスニングセクションの時間配分で、
英語ディレクションが流れている時に、
Part5を少しでも解答しておくというのは、この為です。

 

Part5、Part6を、どう早く解答するか?

Part5とPart6の解答のコツを極め、
極力早く終わらせてPart7に行く必要があります。

この辺のテクニックこそ、
私が使用したアルクTOEIC730点コースで学べますが、

先ず一つだけ言えるコツは、
Part5もPart6も全文を読まず、空欄の前後の文脈から
解答を導き出すという方法があります。

Part5&6の解答テクニックを駆使して、
Part7に時間を極力残す事が大事です。

因みに、私がTOEICで735点を取った時ですが、
Part5&6を終えて、残り時間は40分程度だったと思います。
*40分では厳しいです。(焦ったのを覚えています)
2014y07m15d_162952805

Part7は、前から順番に解答する必要はない!

Part7は、設問の順番通りに解答する必要はありません。

ザッーとPart7の設問を見て、
自分にとって解答し易そうな問題から取り組めば良いです。

この辺りも、TOEIC模試をやる際、
意識しておいて方が良いです。

それと、読解する文書を読む前に
必ず設問に目を通してから文書を読むという事も
必要です。

また、相対的点数を考えると、
Part7の後半部分から先に取り掛かるのも手かもしれません。
勿論、後半部分に自分として解き易い問題があればの話しです

いろいろ時間配分を工夫しても、
やはり時間は足りなくなると思いますが、

解答のマークキングは全てして下さいね!
勿体ないですから、、、。

英語上達にはお金が必要か?>>英語に投資するお金を捻出するには、、、

関連記事

TOEICの点数配分って、どうなっているの?
TOEICテスト、リスニングセクションでの時間配分は
TOEICでの速読力の必要性

 

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
image4205


TOEIC ブログランキングへ
 
ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると、ありがたいです。
image4205

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す