TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

TOEICは日本だけで通用するテストと言われるが、、、

2014y07m05d_221359919

 

TOEIC受験者の八割は、
日本人と韓国人、、、、

TOEICは国際的な
英語能力判定基準ではない!

 

 

まあ、これは良く言われている事ですよね!

TOEICは日本が考案し、
米国のEducational Testing Service(ETS)が開発したものです。

また、TOEICが国際的な英語能力判定基準でなかったとしても、
日本企業がTOEICポイントを求めるている影響もあってか、
年々受験者は増えています。

ですから、TOEICが国際的な英語能力判定基準でない事は、
日本において、あまり気にする必要はないと思うんです。

TOEIC批判は数年前から出ているが、、、

私も、TOEICの点数と実際の英語力がマッチしておらず、
乖離がある事は、このブログでも書いています。

(私の英語力も、その良い例です、、、汗;)

そして、TOEIC批判する記事は、数年前(或いはもっと前)
から多くありましたが、、、

TOEICの受験者数は伸び続けています。
*昨年度(2013)は過去最高の受験者数を記録

この受験者数が伸びている背景には、多くの企業や大学が
TOEICポイントを英語能力判定の基準としているからです。

つまり、TOEICテスト自体に問題はあるにせよ、
実質的な英語能力判定基準のスタンダードになってしまって
いるという事なんですよね。

ですから、現実問題として、企業や大学がTOEICポイントを
重視している以上、それに見合うポイントを取得 しておいた方が良いわけです。

更に、7/5の朝日新聞には、
TOEFLなどの民間試験を大学入試に活用する、、、云々
の記事がありました。

これは、TOEFLやTOEICなど、
民間試験をもっともっと活用していこうという動きですから、
今後、ますますTOEICやTOEFL受験者数が増えていくんでしょう?

そこで一言、、、

今年大学に入学したばからの1年生の皆さ~ん!
受験勉強対策で、頭に英語が残っている内に
TOEIC対策しておいた方が良いですよ~、本当に!

関連記事

TOEICテスト 大学入試の活用が拡大中
TOEICの受験者数って、増えているんですね!!
TOEICと大学受験
大学時代にTOEIC730点は取得しちゃいましょう!

 

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
image4205


TOEIC ブログランキングへ
 
ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると、ありがたいです。
image4205

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す