TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

TOEIC Bridgeテスト、必要か? 中学生だってTOEIC受験すれば、、、

2014y06m29d_072936188

 

TOEIC Bridgeテスト、
必要ないんじゃない!

 

 

TOEIC Bridgeという、
英語初級学習者向けテストがありますよね。

これって必要なんでしょうか?

中学生・高校生や、一般社会人の英語初級者向けで、
TOEICテストとの架け橋的な役割という事らしいです。

正直、 「いらないんじゃない!!」って思います。

2014y06m29d_073040658
資料提供元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

TOEIC Bridgeテストは2001年から始まったようですが、
上記グラフを見て分かる通り、最近の受験者は
頭打ち状態です。(2013年の受験者数:20万4千人)

頭打ちになるのも分かるような気がします。

世の中で、英語力判定基準として認知されているのは、
TOEICであって、TOEIC Bridgのポイントなんて
評価されないですからね!

中・高校生だって、
TOEICを普通に受験すれば良いわけで、
TOEIC Bridgテストの位置づけが曖昧のような気がします。

何となくですが、TOEIC Bridgeテストは、
TOEIC主催者側の営利目的としか思えないです?

但し、敢えて利用価値があるとすれば、
英語を勉強し始めたばかりの中学生が、
英検3・4級を受ける代わりに、
TOEIC Bridgeテストというのはありかもしれませんね。

或いは、英語教育が小学生から始まるという事も
ありますから、それ向けに、、、とか?

まあ、どちらにしても、
それほど多くの需要があるとは思えないですね!!

 

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
image4205


TOEIC ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

2014y06m21d_071858352 管理人も、まだまだ発展途上、、、皆さん、頑張りましょう!

 

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す