TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

英語が出来る事で得する事!!

2014y12m20d_161601100

今月初めての記事は、、、英語が少しでも堪能だと得する事を整理したいと思います。「英語なんて出来なくてもいいや!」なんて考えは勿体ないです。

英語が出来て得する事、、、沢山あると思います。 日本では特に英語コンプレックスの人が多く、英語がちょっと出来るだけで尊敬されちゃったり、羨ましがられたり、、、 これ、経験すると少し嬉しくなったりするものです。

でも、そんな些細な事ではなく、英語力があると本当に自分の世界を拡げる事が出来るので、少しでも英語に馴染んでおく必要があると思います。 今回は、英語が出来ると「こんな良い事がある!!」っていう内容です。

まあ、目新しいアイデアではないと思いますが、改めて整理してみますね。( ̄▽ ̄)
TOEIC受験する意味が、そこにはあると思います

まず、英語力=英会話力という認識を変える

以前も同様な事を記事にしたかもしれませんが、日本人は英語力=英会話力という見方が一般的ではないかと思います。 英語が喋れると英語が出来る人みたいなね、、、。

でも一見ペラペラに英語を喋っているような人でも、実はその英語の文法は滅茶苦茶だったりする事があるようです。 英語ネイティブの人であれば、酷い英語であっても言わんとしている事は分かるので、それでもコミュニュケーションが取れているわけです。 我々日本語ネイティブが、酷い日本語を喋っている相手でも理解できるのと同じだと思います。

ですので、今回の記事では、正しい英語(英文法)を身に付けると得する事!っていう意味ですし、英会話=英語力という捉え方ではありません。
2014y09m20d_120822725

英語が読めると世界が拡がる

英会話が得意でなくても、英語が読めればインターネットに拡がる無限の情報を利用する事が出来ます。 これが英語力がある事で一番身近に感じる得する事でしょうね!

私自身、英語の文章が日本語と同じようにスーって頭に入ってくる訳ではありませんが、それでも英語でありさえすれば、何とかかんとか意味をとる事はできます。 おそらく、インターネット上の情報で一番多い言語は英語だと思いますし、英語を読める事は、その膨大な情報を利用する事が出来るって事です。

日本語だけでも十分インターネットを活用できると思っているでしょうが、英語が出来れば、その範囲は無限に拡がります。 これって、本当に素晴らしい事ですよ!!
2014y12m15d_232818439

英語が書ければ世界が拡がる

次に、ライティングです。 最近思うのですが、英文ライティングは英会話スキルより優先順位が高いんじゃないか?って、、、。(;・∀・)

日本で生活している限り、よほどの事がない限り英語を喋る機会なんて普通はありません。企業が外資系であっても、英語だけ喋っている環境は少ないと思います。 一方で外資系であれば、英語を書く機会は喋る機会より圧倒的に多いんじゃないでしょうかね! 日本企業であったとしても、海外とのやり取りは、会話よりメールの方が多いと思います。

そういう意味で、英文ライティングは、喋る以上に重要な英語力だと思います。 そして英文ライティングが出来れば世界が拡がります。 前にも記事にしましたが、例えばLang-8を利用して海外に友達を増やすとかね、、、。 海外ホテルサイトにアクセスして予約したり、質問したりする事も出来ますから、本当に便利でお得なスキルです。

私自身も英文ライティングは得意ではありませんが、ツールなんかを駆使して、ある程度の英語を書く事はできます。(細かい点は別にして、英文法的に大きな間違いはないとネイティブの方に言われた事があり、嬉しかった事があります)

英文ライティングに関するブログ記事はこちら>英文ライティングの記事一覧
キャプチャ2

英語の読み書きスキルが英語力の中で重要

「英語が出来る事で得する事!!」で、一番大切なスキルは、実は喋れる事以上に英語を読み書きできるスキルだと思います。 これがある程度出来る事で、本当に世界が拡がりますし、英語力で得する最たるもんじゃないでしょうか?

勿論、英会話は英語力の中で重要なスキルですが、日本では、なんとなく英会話ばかりに重きを置く傾向にあるような気がするので、今回の記事では、敢えて英会話には触れませんでした。

そして、英会話と並行してスキルアップさせておくべき英文の読み書きスキルの向上に、TOEIC対策(TOEIC向けの勉強)は有効なんじゃないかと思います。
2014y07m25d_141012831

当ブログの人気(アクセス数が多い)記事はコチラ
私がTOEICで735点獲得した際のメイン教材
>>アルクTOEIC730点コースレビュー
英会話の基礎力を構築する
>>英会話初心者、何から勉強すれば良いか? 教材は?
英語上達にはお金が必要か?
>>英語に投資するお金を捻出するには、、、

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
image4205


TOEIC ブログランキングへ
 
ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると、ありがたいです。
image4205

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す