TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

TOEICテスト対策の為に塾にお金をかける必要ないでしょ!

2014y06m28d_113018864

 

ズバリ!
TOEICテスト対策に
塾なんて
必要ないでしょ!!

 

 

TOEICのテスト対策として、
英会話学校や塾などが、専用コースを用意しています。

結構バカにならないお金なんですよね、これが!

某スクールでは2カ月間コースで、
軽く10万を超えた授業料です、、、。
(TOEIC900点コースだと、14万近くもします、、、(@_@;)

まあ、短期でTOEICのポイントを上げさせる
プログラムのようですが、、、

個人的な意見を言わせてもらうと、
TOEICテスト対策に、塾の為のお金をかける必要なし、、、
と思っちゃいます。

TOEICスコアを上げたい人の需要がある

しかし、、、

それだけの高額の塾でも生徒が集まるのですから、
如何にTOEICのスコアを上げたい人が多いのか、、、
って事です。

恐らく、期限付きでTOEIC700点以上とか、
義務付けられている会社員の方なんか多いのかも
しれません。

でも、TOEICテストに塾なんて必要ないでしょ!!
2014y07m17d_212323756

TOEIC対策は、独学でOK!

自分で良いと思ったTOEIC教材を購入し、
サンプルテストや模試を徹底的にやりまくり、
解答のテクニックやコツを掴めば、、、

おそらく、800点程度までは行けると思います。

更に、もっと高得点を目指すのであれば、
リスニング力を鍛える教材で徹底的に学習していけば、
900点だって越えられると思います。 全て独学で。

お金だって、いろいろと教材を買ったとしても、
塾代よりは、かなり安いはずです。

それに、教材は手元に残り、何度でも繰り返して
使えますからね、、、。(お得です)

TOEICのスコアアップのために、高額な塾に費やすのでしたら、
その分をオンライン英会話学校に使った方が、
よっぽど実用的な英語力が身に付くんじゃないでしょうかね?

結論、、、

TOEICポイントアップの為に、塾なんて無駄!!

 

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
image4205


TOEIC ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

2014y06m21d_071858352 管理人も、まだまだ発展途上、、、皆さん、頑張りましょう!

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す