TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

海外に行けば英語が喋れる、、、って本当か?

2014y11m17d_230207942

 

海外に行けば英語が喋れる?
これに応えるサイト記事発見!!

 

この方の記事を読むと、
TOEICの勉強の意味が分かると思います。
こちら>「海外に住めば英語は出来るようになるは」は本当か?

先ずはTOEICの勉強で英語の基礎を作っておく事は大切なんです。

 英語は通じれば良いじゃ寂しい

このサイトの記事、なかなか面白いですよね!!

うんうんと頷いたところは、
外人が日本語使ってるとこみたら、
日本人なら『おぉ!』って思ってくれても、その逆は無いってとこです。

つまり、英語は国際語ですから、
外国で日本人が英語を喋っても「凄い!」って思われないわけです。
(まあ、当たり前ですけどね)

でも日本国内だったら、
いまだに英語がちょっと喋れると一目置かれます。

そして、
相手に気を使わせないレベルで間違いの少ない英語を喋る能力』と
間違いだらけでもいいからとりあえず伝わればいいレベルの英語能力
の違い。

この部分に、このサイト運営者が気付いて、
TOEICを勉強し始めた理由になっています。

要は、「英語は通じれば良いじゃない!」ではなく、
ここのサイト運営者が言うところの「不正確英語」を正すって事です。

その為の手段として、
TOEICを利用したという事ですね!!
2014y07m20d_124451952

でも、喋る勇気は必要!

正確な日本語を喋れる外国人を見ると「大したもんだ!」って思います。

これと同じように、
ちゃんとした英語が喋れた方が良いに決まっています。

その「ちゃんとした英語」のベースを作るのが
TOEICの勉強なんですよね!!

その一方で、このサイト運営者が言っている、
「喋れるけど喋れない日本人」って、日本人気質を表していると思います。

TOEICでハイスコアを持っていても喋れない、、、
正に、この事を言っているんじゃないでしょうか?

TOEICで英語の基礎を固め、
あとは場数を踏んで喋るトレーニング、、、 これでしょ!!
2014y09m30d_110231477

英語上達にはお金が必要か?>>英語に投資するお金を捻出するには、、、

 

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
image4205


TOEIC ブログランキングへ
 
ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると、ありがたいです。
image4205

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

英語を更に上達させたいプログラム
英語を話したい方、TOEIC650点以上取りたい方に朗報です。
 ⇒「英文・英単語を10分であきれるほど覚えられる方法」 

 

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す