TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

日本語教師の資格を取得してから海外へ

2014y11m12d_223016585

 

日本語教師の資格を取得して
海外で教えるなんて最高かも!!

 

以前の記事で、
英語力アップの為に「日本語教師の資格」

は狙い目かも?なんていう記事を書きました。

では、どんな方法で「日本語教師」の資格が取れるんでしょうか?

日本語教師になる方法

日本語教師になるためには幾つか方法がありますが、
大きく分けると以下の3つの方法です。

1. 大学において日本語教育に関する規定単位を取得する。
2. 日本語講師養成講座に参加してコースを終了する。
3. 日本語教育能力検定試験に合格する。

上記の内、1は大学時代に規定単位を取得する必要があり、
2は日本語学校の該当講座を420時間もかけて修了させる必要があります。

これから日本語教師を目指そうとするなら、
3の「日本語教育能力検定試験」に合格するというのが
現実的で経済的な方法になると思われます。

これ以外の情報をネットを見ると、
日本語教師&インターシッププログラムの情報が溢れています。

でも、ちょっと怪しげな雰囲気を、、、感じます。^^;
それって、「正式な資格なんだろうか?」って。

日本語教師を目指すんですから
出来れば、日本語教師の「有資格者」になっておきたいものです。
(なお、「日本語教育検定試験」は国家資格や公式試験ではありません)
2014y06m23d_220944090

この資格を取る一番安く合格率が高い方法は、、、

「日本語教育能力検定試験」対策はいろいろあるようですが、
当サイトで紹介しているアルク(ALC)でも通信講座が用意されています。

アルクの「NAFL日本語教師養成プログラム」で、
なんと、このコースの受講者の50%が、この検定試験に合格しているそうです。

「日本語教育能力検定試験」の合格率は、
過去5年間で20%~30%という事ですから
NAFL日本語教師養成プログラム」受講者の合格率の高さは際立っていますね!

また、費用の面でも養成講座に参加するより経済的なので、
これから日本語教師を目指す人にとっては、必ず検討すべき講座の一つだと思います。

この講座の詳細は、、、

使える英語力向上を目指すための「日本語教師」

当ブログはTOEICや英語力向上に関する話題を提供しています。

ですから今回の記事も英語力に磨きをかける1つの方法として、
「日本語教師」を取り上げてみました。

ですから、ある程度の英語力を持っている事が前提で、
その上で「日本語教師」にチャレンジするのもありという考え方です。

単なる留学を考えるだけでなく
「日本語教師」として英語圏に行くというのも良いかもしれませんね!!
2014y09m01d_142055601

関連記事

英語の資格について考えてみる!TOEICは資格じゃないが、、、。

 

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
image4205


TOEIC ブログランキングへ
 
ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると、ありがたいです。
image4205

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す