TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

TOEICの必要性について (TOEICは英語学習のモチベーション)

2014y06m19d_180736122

 

TOEICは、
モチベーション維持に必要かな?

 

 

このブログの最初の投稿記事です。

ブログタイトルは、「TOEIC730点勉強法」としていますが、
TOEICに限らず、英語学習全般について、
いろいろと記事掲載していきたいと思っています。

管理人のプロフィールでも少し述べたのですが、
私は、TOEICで730点取得していますが、
あまり英語力については 誇れるほどのものはありません。

海外旅行程度は何とかなるでしょうし、英文メールのやり取りも、
まあ、 電子辞書やオンライン辞書 片手に、こなせるとは思っています。

でも、、、 TOEIC730点のレベルって、こんなもんじゃないですよね!!

TOEIC730点~860点のレベル

因みにTOEICの730点~860点の基準は、、、

どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素質を備えているレベル。
通常会話は完全に理解できて応答も早い。

話題が特定分野にわたっても対応できる力を持っている。
業務上にも大きな支障はない。
正確さと流暢さに個人差があるので、 文法・構文上の誤りが見受けられることもあるが、
意思疎通を妨げるほどではない。

なんですよ!!

少なくとも、私は、こんなレベルに達しているとは思えないです、、、汗;

それとも、私だけ例外、、、?

でも、こんな思いをしている人は、少なくないと思います。

もうお分かりですよね!

そうです。 TOEICの点数=その人の英語力ではないんですよ。
(全てに当てはまるわけではないので、誤解しないで下さいね)

TOEICで高得点を取得するには、
ある程度のテクニックが必要だと思っています。

 

TOEICは英語学習のモチベーションとして利用する!

でも、私はTOEICを否定しているわけではありません。

TOEICで点数を取得するために勉強した事で、
ある程度の単語力は付きましたし、 多少なりとも英文を早く読めるよう
にもなったと思います。

でも、肝心の会話力は、やはりTOEICの勉強だけでは無理なんですよね。

ですから、私としては、730点程度のポイントをTOEICで取得できたら、
次は、 その英語力をベースとして、
次のステップに進む方が良いんじゃないか?って 思っているんです。

要は、TOEICポイントを、それ以上上げるより、
違う方にパワー(お金も含めて) を使うべきじゃないか?って事です。

つまり、、、

TOEICは、英語を勉強するためのモチベーション維持には良いと思います
「TOEICで730点以上獲得するぞ!」 みたいにね、、、。

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す