TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

TOEIC日本40位 朝日新聞の記事から

2014y08m11d_135220042

 

TOEICスコア、日本は40位
あんまり意味ない記事ですよ!
朝日さん

 

朝日新聞の9/10掲載記事に
TOEICスコア、日本40位という記事がを見つけました。

朝日新聞上では、
「日本は12年の順位も45の国・地域中39位と振るわなかった。」という
記事になっていますが、、、

このTOEICスコアの記事、
私のこのブログで7/25に取り上げています。

朝日新聞のやる気のない記事にガッカリです!

 新聞社らしい内容にして欲しいもんです!

まあ、朝日新聞にとっては大した題材の記事ではないのでしょうが、
やる気のない内容にはガッカリです!(゚⊿゚)ァ?

単に国別のスコアを並べて、
日本の順位は昨年(2012)も振るわなかった、、、。

まあ、事実を並べただけの記事ですから仕方ないのでしょうが、
単に順位だけを知らせるくらいなら記事にしない方が良いんじゃないでしょうかね?
2014y09m20d_105508149

 背景にも触れないと、勘違いされてしまう記事

私のブログ記事で記載しましたが、
このスコア記事には受験者数の報告がないんです。

500名以上の受験者がいる国らしいですが、
大勢受験者がいる日本と、500名程度の受験者数では
比較する意味がないでしょう!

バングラディシュが1位と言っても、
教育をシッカリ受けた選抜された人達かもしれません。

その数字の前提をシッカリしないと
間違った情報を与えてしまうと思います。

それこそ、新聞の使命からかけ離れた記事になってしまいます。
(まあ、最近の朝日新聞の報道姿勢を見れば頷けますけどね)
2014y08m08d_092836626

国別のTOEICスコアなんて意味なし!

TOEICの国別比較をETSが出していますが、
個人的には、それほど意味ある統計数字ではないと思っています。

今回、そのETSの統計を朝日新聞が取り上げた訳ですが、
ETSの発表はかなり前です。
(私のブログでさえ、7/25に取り上げています。)

天下の大新聞会社様が、
なんの意図を持って今頃こんな記事を掲載したんでしょうかね?

今回は、たまたま発見した朝日新聞の記事を見て呆れしまい
それを題材にしてみました。

朝日新聞さん、
購読者として最近不信感だらけです! 頑張って下さいね!
2014y08m12d_154002554

関連記事

TOEIC 国別平均スコアはどうなっている? 日本は?

 

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
image4205


TOEIC ブログランキングへ
 
ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると、ありがたいです。
image4205

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す