TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

TOEIC って資格じゃないけど、履歴書に書けるスコア目安は?

2014y06m26d_143248752

 

改めて、、、
TOEICは資格じゃないですよ!!

でも、、、

 

まあ、改めて言う事でもないでしょうが、
TOEICのポイントって資格じゃないわけです。

総合的英語力を図る指標なわけで、
履歴書の資格欄なんかには、本来は記載できないはずですよね?
(管理人は、他に書く資格がないので、記載しちゃってますけど ^^;)

資格ではないですが、扱いが資格っぽくなってきてます。
そこで履歴書に記載できるTOEICスコアの目安は何点でしょうか?

TOEIC730点が履歴書に書ける目安かな?

転職の際の必要要件として、

英語力、英検準一級以上、TOEIC700点以上、、、とか

これって、明らかに英検と同じ土俵でTOEICを
考えているっていう事ですからね、、、。

既に別の記事でも書きましたが、
企業の多くは、英検よりTOEICを英語力判定基準に使っています。

ですから、TOEICは資格ではないが、
ある一定のポイントを超えれば、資格と同等の扱いになるんです。

その一定のポイントというのが、、、

TOEIC730点以上ではないかと思います。

TOEICのポイントは変動します。
受験も準備して臨まなかったら、点数もさがるでしょう!!
(管理人も、今、直ぐ受けさせられたら、700点も無理です、多分、、、汗)

でも、一度730点を取ってしまえば、
そのポイントを獲得した事は事実ですから、
それを基準に英語力を判断してくれます。

但し、ズーッと英語に接していないで、
ブラシュアップもしないと、英語力は落ちます。 しかも簡単に、、、。
(今の管理人は、その状態に近いかも?)

ですから、日々、英語に接する環境を整えて、
今度は、本当に使える英語力(会話力、ライティング力)をつけるよう
意識していくべきなんでしょう。

なんか、最後は支離滅裂な記事になってしまいました。
ごめんなさい、、、m(__)m


ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。 (^^ゞ


TOEIC ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

2014y06m21d_071858352 管理人も、まだまだ発展途上、、、皆さん、頑張りましょう!

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す