TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

TOEICスコアが低いと英語ができないと思われちゃう!

2014y08m08d_085140775

 

TOEICスコアが極端に低いと、、、
英語できないの烙印??

 

 

TOEICスコアなんて気にしない!
「本当の英語力の指標にならないから!」

でも、あまりにも低いTOEICスコアだと、
本当に英語ができない(不得意)だと判断されかねないですら、、、

気をつけましょう、、、(°◇°;)ゲッ

 

 せめて、500点は超えておかないと、、、

昔、こんな事がありました。

会社にニューマンが入ってきて、
同じ課員複数名で一緒に昼食をしに行った時の事、
たまたま、英語力の話しになりTOEICスコアについて、、、

Aさん:「○○、お前、TOEICスコアいくつくらいあんの?」
新人 :「430点だったと思います!」
Aさん:「俺でさえ550点あるのに、まだ現役に近いお前が430点は無いだろ!」
新人:「でも、TOEICで高得点持っていても喋れない人、いますよね!」
Aさん:「お前、しゃべれんの??」
新人:「少しくらいは、、、」
Aさん:「流暢に喋れる奴しかTOEIC高得点者に文句言えないの!」
Aさん:「少し喋れても、TOEIC400点台じゃ、英語できない君だぜ!」
新人:「まあ、そうかもしれませんが・・・・」

てな事がありました。

まあ、仲間内の昼食時のやり取りで、
別に会社から「英語できない君」の烙印押された訳ではありませんが、、、

やはり、最低でもTOEIC500点以上は保持しておきたいものです。
イラスト

 

 

 

やはり、エビデンスが必要

確かに、TOEICハイスコアでも英語喋れない人は多いです。

でも、英語力というのは会話力だけではありませんからね!

ライティング力やリーディング力だったら、
TOEICハイスコアの人の方が、おそらく高いでしょう。

それに、英語には不自由しないといっても、
やはり、それを証明するエビデンスは必要になってきます。

英検だったり、TOEFLだったり、TOEICだったり、、、。

その中で、比較的簡単にエビデンスとしてスコアを取り易いのが、
TOEICなんです。

そして、出来れば、TOEIC730点を取っておきたいですね!
2014y07m25d_145708755
しつこいですか?^^;

関連記事

そもそも、TOEIC730点を取る意味ってなんだろ?

 

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
image4205


TOEIC ブログランキングへ
 
ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると、ありがたいです。
image4205

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

コメントを残す