TOEIC730点獲得の近道!

2014y06m27d_114222807

TOEIC730点を獲得する最短プログラム

英語力判定でTOEIC730点は意味あるスコア!
その730点を獲得する為の最短プログラムがこちら
奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム

教材のレビューは
こちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

image4205


TOEICスコアと英会話力は別もの!

英会話の基礎をシッカリ身につけたい方に読んで欲しい記事は、
こちら>スピークナチュラル(Speak Natural)、体験してみた!

TOEIC 国別平均スコアはどうなっている? 日本は?

2014y07m24d_180557521

 

 

TOEICテスト、
どこの国のスコアが高いの?

 

 

日本と韓国の受験者数が圧倒的に多いと言われるTOEIC、

そんなTOEICの国別平均スコア(2013年度)が
ETSに掲載されていましたので、紹介しておきますね!

さて、どこの国の平均スコアがトップだったのでしょうか?? そして日本は?

 

TOEIC 国別平均スコア 2013年度

1位:バングラディシュ(平均895点)
2位:インド(平均861点)
3位:カナダ(平均819点)
4位:ネパール(平均814点)
5位:スイス(平均792点)
6位:ポルトガル(平均786点)
7位:ドイツ(平均783点)
8位:スリランカ(平均780点)
9位:レバノン(平均753点)
10位:パキスタン(平均741点)
11位:フランス(平均:728点)



30位:韓国(平均:632点)



40位:日本(平均:512点)

という結果でした!

う~ん、でも、
このスコアを、そのまま信じるわけにはいきませんよね!!

不思議なのは、受験者数の記載が報告書にないんです。

アジアの国での受験者数が多いというコメントと
サンプル数500以上ある事を前提としているとの記載がありましたが、、、。

つまり、上記の平均スコアは、
その国全体のTOEIC水準を表しているものではないという事です。

正直、あまり意味のない統計データです、、、┐(’~`;)┌

但し、一つだけ言えるのは、、、

圧倒的に受験者数が多いと言われている日本と韓国で、
その平均スコアが120点も韓国が高いという事は、
明らかに、この2国間では英語力の差が出ているという事です。(_ _|||)2014y07m10d_143459796

TOEICスコアを上げる事だけ考えても仕方ないが、、、

英語力の差が国力に影響するわけではないですが、
それでも、日本の英語教育は情けない限りです。

TOEICスコアだけ上げれば良いとは思いませんが、
日本の英語教師の水準は、あまりにも低すぎます。
関連記事:高校の英語教師に求める英語レベルはTOEIC730以上、、低過ぎでしょ!

それに、中学、高校と6年間も英語習っていて、、、
日常英会話どころか、英語で海外で買い物すらできないなんて、
おかしいですよね!!

逆に言えば、
英語が喋れない英語の先生が教えているわけですから、
こりゃ、仕方ないかもしれませんが、、、(*´Д`)

何度も言っていますが、
小学生の英語教育を考える前に、
教育者の英語教育を先にしないといけないでしょ! (ι`・ω・´)ノ キッパリ!!
イラスト

 

 

関連記事

中学英語教師のTOEICスコアは、、、これまた酷い!!
高校の英語教師に求める英語レベルはTOEIC730以上、、低過ぎでしょ!
TOEICと英語教師

 

ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると嬉しいです。
image4205


TOEIC ブログランキングへ
 
ランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると、ありがたいです。
image4205

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

 


管理人が使ったアルク英語教材ベスト3


アルク 奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム2014y06m27d_114222807
何と言っても、管理人がTOEIC735点を獲得した時のメイン教材ですからね! これがBEST1です。 TOEIC600点程度の方でしたら、この教材でミッチリとテクニックを身につければ、700点は超えられると思いますよ!

教材の詳細はこちら>奪取730点 TOEICテスト攻略プログラム
教材のレビューはこちら>アルク TOEIC730点コースのレビュー

 


アルク 1000時間ヒアリングマラソン2014y06m27d_134322318

これ、アルクで一番有名な英語教材ですよね! 管理人も受講しましたが、かなりハードな内容です。 但し、相当の覚悟を持って継続できれば、本当に良くできた教材だと思います。 出来ればTOEIC700点を超えてからの方が良いかも...。

教材の詳細はこちら>アルク1000時間ヒアリングマラソン
教材のレビューはこちら>アルク 1000時間 ヒアリングマラソン をレビュー

 


アルク 英会話アドバンス 2014y06m27d_140728188
管理人が受講したのは、前のバージョンの「コエダスアドバンス」というものです。 それが今年(2014)に入ってリニューアルされて、英会話アドバンスとなりました。 コンセプトは前のバージョンと一緒で、とにかく、英語を口から出しまくる、っていう教材です。 PC・モバイル機器を使えるようになっていて、前のバージョンより使いやすくなっているようですね。 この教材、管理人は結構好きでした。 おすすめです。

教材の詳細はこちら>アルク英会話アドバンス

2件のコメント

  • (め▽め)

    中学高校で勉強するのは英語だけじゃないのに、英語だけができないと言われるのはなぜでしょか?
    他の教科も勉強も必要です。英語だけをしているわけではありません。
    よく、「6年間も」と言われますが、1日あたりどれくらい英語を勉強しているのでしょうか?
    英語学校に通っているわけじゃないのだから、「学校で6年間」という数字にはまったく意味がないと思います。

    言語が比較的に近い国だったり、途上国で「抜け出す」ためには英語は必須だったり、日本とは事情が違うということもあると思います。
    途上国ではちょっと力試しに…なんていう人が少ないのではないでしょうか。受験料もかかるでしょうし。

    • Nagasan

      (め▽め) さん

      コメントありがとうございます。m(__)m

      勿論、英語だけ勉強しているわけではないと思います。でも、中学で習う英語をキチンと理解していれば、少なくとも海外旅行で困らない程度の会話は出来ても良いと思います。でも、何故、それができないか? それは、日本の英語教育のカリキュラムが良くないのと、英語教師の質だと思っています。 別に英語文学の専門家になるわけではありません。 単なるコミュニケーションの手段として英語を使えさえすれば良いだけです。それ位の事は、学校の英語の授業だけで出来るようになってもおかしくないと思うんですよね、そのやり方さえ変えれば、、、。まあ、いろいろな意見はあると思いますけど、、、^^;

コメントを残す